ポリ袋の工夫でお店のイメージアップ

ポリ袋の印刷はオリジナル

オリジナルポリ袋に、ちょっとした手土産や自社商品を入れて見ます。オリジナルポリ袋を使っているのは、デパートや小売店だけではありません。オフィスやビジネス等でも使われています。ポリ袋は水気に強いので、農家で採れた瑞々しい野菜を入れたり、天候が悪ければ雨避けとして使われます。他にもニーズに合わせて様々な形で使われています。オリジナルポリ袋を受け取る事で、相手のこちらへの印象が格段にアップします。又オリジナルポリ袋の、そこに自社のロゴが印刷されていたり、又デザイン性の高いお洒落なオリジナルポリ袋なら、こちらのイメージアップは間違いありません。オリジナルポリ袋を使う事で、生活感やビジネス等、人と人との潤滑な関係を作る事が出来ます。

ポリ袋種類と印刷依頼

オリジナルポリ袋を造る専門業者は、ポリ袋やビニール袋に、プラスチックの取手が付いたタイプやマチの付いたバックタイプ、リュックタイプや封筒タイプ等、多種多様で使用目的に合わせた、デザインのポリ袋を扱っています。ポリ袋のカラーは乳白色や半透明、光沢の有無や中の見えない着色タイプや、材質としてクッション性のあるプチプチタイプ等、豊富なタイプのポリ袋があります。オリジナルポリ袋を依頼する時は、まず無料サンプルを取り寄せます。作ってみたいタイプと用途を考え、無料サンプルで耐久性と使い勝手を試してみる事から始めます。オリジナルなデザインばかりが先行して、実際には袋の中に入れる物が、重すぎたりサイズが大き過ぎたりして、耐久性やサイズが足りない事があるからです。

お店等でお客さんが購入した商品を入れるビニール袋は、オリジナルビニール袋がおすすめです。インターネットなら手ごろな価格で作ってもらえます。