印刷したいデザインはデータで送ればOKです

発注方法と依頼時の注意点

ポリ袋の発注方法は、印刷するデザインやサイズが、まだ決まっていない場合でも大丈夫です。対応する製作業者は、デザインやサイズ等の作成段階から受付けます。制作業者は依頼側からの、希望する大まかなデータを送って貰う事で対応出来ます。製作側の担当者にデザインのイメージやサイズ等を伝えれば、依頼側の希望に副った提案をしてもらえます。又ポリ袋を発注する時の注意点があります、デザインやサイズ等は前記の依頼方法で良いのですが、ポリ袋やビニール袋には、リサイクル法によってプラマークの印字が義務付けられている事です。このプラマークの印字を忘れると、折角作ったポリ袋がそのままでは使えなくなります。なので最終的なデザインが決まる迄には、製作側に確認して置く事が必要です。

ポリ袋製作依頼のコスト

ポリ袋発注の製作に係るコストは、ポリ袋の材質や発注数等の条件で決まります。そして初めてのポリ袋発注なら、版代が掛かる事も忘れてはいけません。カラーも単色の印刷なら安めなのですが、多色印刷や写真印刷はコストが高くなります。又発注ロットが大きい方が、当然単価も安いです。予算が見積もりの段階で合わない時は、再検討を踏まえて使用する予定の、色数や材質を考え直す必要があります。制作業者は大量発注は勿論ですが、発注枚数が小ロットでも、ケースにもよりますが対応出来る事もあります。ポリ袋に、オリジナルなロゴを入れたり、商品の写真を印刷して宣伝する等、使い手の用途に合わせて工夫する事が、オリジナルなポリ袋発注では大切です。

オリジナルのビニール袋はビニール袋に自社のロゴを入れる他、取っ手やマチの大きさを変えて自社独自の製品にしたものです。デザインを手掛ける広告代理店やビニール袋製造会社に依頼して作成することができます。