ポリ袋を工夫しましょう

お客さんの印象が良くなる可能性が期待

ポリ袋をオリジナルポリ袋に工夫することで、お客さんの印象が良くなる可能性が期待されます。商品を購入した時に、単に商品を渡されるよりも袋に入れてもらった方が当然好感度は高いですよね。ですが、さらにオシャレなポリ袋や可愛いポリ袋に入れてもらえると、好感度がアップします。 お客さんにとって、お得感やちょっとした気遣いはお店選びの大切なポイントです。オシャレなポリ袋は、何も印刷されていないポリ袋に比べてお得感があります。商品を自宅に持ち帰った後も、日常用に繰り返し使用することもできます。また、ポリ袋にメッセージが書いてあるタイプは、お店の人の気遣いを感じます。例えば、お礼のメッセージが印刷されたポリ袋であれば、感謝の気持ちが伝わり、またこのお店に行こうという気持ちになります。

持ち歩いてもらうことで宣伝効果がある

工夫が凝らされたポリ袋は、街を歩くときに持ち歩いても恥ずかしくないので、多くの人が持ち歩いてくれることが期待できます。多くの人が持ち歩いてくれることによって、お店などの宣伝効果が期待できます。 ポリ袋の工夫として、店舗名やロゴをプリントすることは宣伝の為には大切なことです。イラストや商品を大きくプリントするのもパッと見て分かりやすくて良いですね。 工夫のポイントとしては、一見してどこのポリ袋かわかってもらえるデザインにすることです。そのためには、ポリ袋にする印刷だけでなく袋自体のカラーにこだわっても良いですね。一見してどこのポリ袋かわかるようになれば、それだけお店のことを思い出してもらえるきっかけが増えることになりますよ。

オリジナルポリ袋は、学校や職場内でのイベントや販促グッズなど色々な用途のために役立つことがあります。